山形県山形市平清水純米酒専門店「正酒屋 六根浄」の純米ばか店主のブログです。
こだわりの酒・酒器・食品等もご紹介致します。
【巖 純米酒 醇 生原酒】〜hommerge601 畏友 熊谷太郎氏に捧ぐ〜【醇味】

 当店では今、ある商品が熱い!と評判になっています。

その商品とは・・・。

「巖 純米酒 醇 生原酒」1.8L 2,500円(税込)

そうです。昨年の9月に山形市で開催した「旨味対醇味」で対決した高井酒造さんのお酒となります。

あの対決の中で、生まれたアウフヘーベン。

京都大学卒業の蔵元さんとお付き合いするのも大変です。
馬鹿にされては駄目だと無理して使ってしまうんですよね。小難しい哲学用語を。

そのバアムクーヘン、いや、アウフヘーベン・・・、やれやれ。

とにかく、凄い酒を送ってきたんですよ。高井さんが。

こんな裏貼りをみたことがありません。

まずは読んでください。

「変わらない本質を備えるものこそが『古典』として時代を超えて受け継がれ、その価値は、本質を求める後世の人々によって繰り返し再発見され、再構成されて新たな価値を生んできたのではないでしょうか。
この作品は、畏友熊谷太郎氏が提唱する『醇味』の表現を目指し醸したものです。『醇味』とは日本酒の五味のバランスの中心にあり、熟成によってよりはっきり顕在化するものであるということを、熊谷氏は述べてられております。米から生み出される味を十二分に、しかも均整を以って表現すること、それに向けて本質的な努力を重ねることで生み出されるのではないかと思い醇味を備える酒を醸すことを私自身ライフワークとしていきたいという作品ではありますが、日本酒新古典主義を標榜し、今後共努力を重ねていく所存であります。
蔵元 高井幹人」

見事な咀嚼です。高井さん。
すでに「醇味」をものにして「日本酒新古典主義」を標榜するとは。

しかし、高井さん、私はもう新古典主義は通り越してしまったんです。

「脱旨味」により、はっきりと私の立場が鮮明になってきました。

「甘味」と「酸味」のバランスで「旨味」を表現する、日本酒業界初の「印象派」の造り手として。

ということで、今年は「印象派 対 新古典主義」ということで、新たな対決の場をご用意しております。

残り4本です。お買い求めはお早めにどうぞ。



| 純米ばか店主 | - | 10:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
【正酒屋 六根浄】ありがとうございました【六根浄オリジナル4本セット終売】
 さきほど、「六根浄オリジナル4本セット」の最後の申込がありました。

本日を持って「六根浄オリジナル4本セット」終売となりました。

ありがとうございました。
| 純米ばか店主 | - | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
【正酒屋 六根浄】ロッケンロール!!【本日はザ・クロマニヨンズのライブ】
 今日は朝からあったかいです。はじめから全開です。
目が覚めたらもうひらっぱなしです。

昨晩、凍りついた月が香った翌朝には、ハルなのに地面が凍っていました。
まあ、そんなものほっときゃ流れるし、もう凍えない、もうつらくない。

やる事はわかっている 立ち上がる 立ち上がる ナンバーワン野郎!!

ロッケンロール!!

と、わけのわからないことをつぶやいて申し訳ありません。

実は、あのねあの、あのねあの、あのね、あ、あのね、あのね、楽しみにしていた、毎秒が伝説のザ・クロマニヨンズの山形ライブが本日、雷雨決行なんです。

山形での約一年ぶりのライブ。

落語は聞くもんじゃなくて見るもんだ、という噺家さんがいましたが、
ザ・クロマニヨンズのライブは見てナンボです。

CDを聴いたところで彼らの音楽は語れません。それでもいいことはいいですけどね。
とにかくライブが素晴らしい。

生きる、というただそれだけことが素晴らしいことなんだ、ということを実感できるんです。

生きてやる ただ生きる 地上で眠り目を覚ます(エイトビート)、なんてシンプルで胸に響く言葉なんでしょう。

今日は店でザ・クロマニヨンズのCDを一日中かけっぱなしです。

山形のライブに行かれる方、今日はライブ楽しんできましょう!!

ちなみに、子どもと二人で参加していて、ライブが終わって涙で目が腫れていたら、それは私で間違いないでしょう。
| 純米ばか店主 | - | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
【正酒屋 六根浄】もう一杯!【純米酒維新】
 「よい酒とは?」

何回もその問いに答えてきたような、うまく答えられなかったような・・・。

私は、造り手はこの問いにいつも真摯に向き合っていなければならない、と考えます。

好みは人それぞれ、なんて、したり顔で努力を諦めた人物が造る酒など、
飲む前から程度が知れるというものです。

私の尊敬するワインの造り手ジョン・コラサは、「もう一杯」となるのがよいワインだ、と言っています。非常に端的で正鵠を射た表現で、このような考え方をした醸造家の酒はまず間違いないでしょう。向いている方向がいいですよね。

さて、人の意見は置いておきまして、私の考える、よい酒とは?

「飲んで体が温かくなる酒」、それがよい酒です。な〜んだ、そんなことかって思われるかもしれませんが、体が一番正直なんです。体が温まるとリラックスしますし、その場が楽しくなってくるんですよね。結果、幸せな気持ちになる。

どんな酒でも体を温めるんじゃないの?とお思いの方。

いやいや、まずい酒は体を冷やします。

コラサ氏のよい酒と私のよい酒を組み合わせると、間違いないかもしれません。

「もう一杯」飲みたくなって、「体が温かくなる酒」。

凡庸な答えなようですが、私はこういう酒を選んで飲みたいと思います。

今年の「純米酒 六根浄」はどうなんでしょうか?

ぜひ、お試しあれ。

六根浄の横の風景を青色で染めました。
インパクトはあるのですが、見ていて体を冷やすのか、あまりいい評価ではなかったようです。

| 純米ばか店主 | - | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
【正酒屋 六根浄】ラベルをリニューアルしました【純米酒維新】
 今年は天候がいままでにないくらい変ですね。

「正酒屋 六根浄」のある山形市平清水では、昨日、一昨日と春の嵐が吹き荒れていました。

さて、おかげさまで今年度の「純米酒 六根浄」が順調なすべり出しを見せておりまして、昨日、1.8L火入れを再注文し、本日の朝、入荷いたしました。

実は、今回入荷した「純米酒 六根浄 火入れ」からラベルがリニューアルされております。

葉の色を濃くし、より安定した繁栄を表現し、文字の色をより輝く金色にしました。

名実ともに純米酒を代表する純米酒になったと自負しております。

現在、本生、うすにごり、火入れの3種類の一升瓶が揃っている貴重な期間となっております。特に本生、うすにごりは本数が少ないですのでお早めにお買い求めください。

よろしくお願いします。



| 純米ばか店主 | - | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
【純米酒維新】本年度の営業を開始いたしました!【正酒屋 六根浄】
おはようございます!

本日より通常営業を開始いたしました。 早いもので5年目になるんですね。

さて、何事も最初が肝心。どういう気持ちでやって行くか。

はい、今年の標語は「純米酒維新」でやっていきます。 純米酒の魅力を伝えてより多くの人に楽しんでもらう、ということです。 今回はわかりやすいでしょう。

ところで、3年目から掲げていた標語「日本酒レコンキスタ」。日本酒復権及び世界進出。 覚えている方もいるかどうか・・・、うちのカミさんもすっかり忘れていました。

今年はシンプルに行きます。 そして、幕末の志士のような純粋な熱い気持ちを純米酒普及にぶつけていきたいと思っています。

現在、「純米酒 六根浄 23BY」は2タイプをご用意しております。

「中取り 本生」と「うすにごり」。どちらも同じ値段となっております。
1.8L 2,520円
720ml1,350円(本生のみ)

どちらも飲みやすいさっぱりした咽越しの味です。 いままでの日本酒にない飲みやすさとなったのではないでしょうか。 日本酒が飲めないという人にぜひおすすめしたいお酒です。

通常の火入れタイプは本日、午後以降の入荷になっております。

本年度もよろしくお願いします!

今の時期、六根浄から見える夕暮れ時の風景は素晴らしいんですよ。
| 純米ばか店主 | - | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
極秘プロジェクト遂行中
今日は蔵で極秘プロジェクトの商品を瓶詰。

今までにないタイプのとても魅力的な商品だと思いました。 これ以上言えません。

ブログを書いていなかったので、慣れるまで時間がかかりそうです。
序々にやってまいりたいと思います。

本年度もよろしくお願いします。

| 純米ばか店主 | - | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
【正酒屋 六根浄】明日、3月11日「純米酒 六根浄 うすにごり」を販売開始いたします!
 長らくお待たせしておりました。

今年度の六根浄の第一弾「純米酒 六根浄 うすにごり」を明日、3月11日に販売開始いたします。

3月11日。

多くの人にとって特別な意味を持った日。

一年前、山形では大震災直後に降った雪と停電で真っ暗な夜にきれいな星空が見えたことが印象的な日でした。その時、被災地となった故郷では津波と火事で壊滅状態になっていました。

被災地のため、故郷のために何が出来るのか、自問自答した一年でした。

結局、私は酒でしか自分を表現できない、旨い酒で人を元気づけていこう、そう思うようになりました。

今回発売する「純米酒 六根浄 うすにごり」は、あのとき降った雪を思わせる白くうすく濁った状態のお酒で、飲み口はスーッときれいな明るい感じの酒となりました。 

お酒でお役に立てるかどうかわかりませんが、明日への希望が湧き上がる酒になるよう気持ちを込めました。

多くの方にご賞味いただきたいと思っております。

本年度も「純米酒 六根浄」よろしくお願いいたします。

純米酒 六根浄 うすにごり 1.8L   2,520円(税込)
               
              720ml 1,350円(税込) 
| 純米ばか店主 | - | 15:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
復興への道のりは遠い・・・

2月26日早朝の気仙沼市御伊勢浜の様子を撮影。

震災前だったら素晴らしい朝焼けの風景だったのでしょうが、瓦礫置き場が近くにあり、おどろおどろしい光景にしか思えませんでした。

かつては海水浴場として気仙沼市で育った多くの人たちの思い出の砂浜だったのです。子どもの頃の楽しい思い出とともにあった海水浴場の変わり果てた姿。

写真の道をまっすぐ進んでいくと・・・。

持ち主のいなくなったヘルメットがそのまま放置されていました。震災の跡が残っているというのは、やはり、脱力感、無力感を感じざるを得ません。

あれから一年。

復興への道のりが遠いことを実感します。

今思えば、自分がいかにして被災地のために貢献できるのか、自問自答した一年でした。

今できる私の支援のあり方は、本業の酒売りに専念し、しっかり稼いで納税すること、これにつきるのかな、と思っています。

現段階でできる支援活動は、金銭面に余裕があり、本業、家庭がしっかりして初めて成り立つように思えます。支援の美名の下、他人を利用して自己目的を遂行する人物もいるようです。くれぐれもご注意ください。
| 純米ばか店主 | - | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
【正酒屋 六根浄】今年最後の被災地訪問【陸前高田市へ】
 昨日は、定休日を利用して実家のある気仙沼へ行っていました。

気仙沼の隣の陸前高田まで行ったことがなかったので、今見ておかなければという思いがあり、初めて現地へ行きました。

震災後、気仙沼の人が口にするのは、「高田に比べれば・・・」という言葉。
それだけ陸前高田の津波の破壊力は凄まじいと感じているんです。

それだけに今まで行くのが怖かったんですよね。

私の母もまだ陸前高田に行っていないとのことでした。

朝、上鹿折から陸前高田に抜けるルートで山を通って陸前高田へ。

海が見えない考えられない場所まで津波が来ていることを実感しながら、かつて酔仙酒造さんがあったあたりから海方面を見渡した写真を撮りました。

まさしく、茫漠たる光景。

津波で流されて放置されたタンク。
この光景を目にして、当たり前に酒造りが出来る環境に感謝をしなければいけないと強く思いました。

まだ、あちこちで重機で被災車両の撤去などを行っています。
むやみに車を止めて写真を撮る感じにはなれませんでした。

こちらは車窓から見えた瓦礫越しの一本だけ残った「希望の松」。もう駄目なんだそうですね。残念です・・・。

気仙町のあたりは瓦礫置き場となっており、子供の頃から連れて行ってもらった鰻屋「天亀」さんがあったあたりは見る影もありませんでした。

12月から東北道が無料になりましたので、被災地に足を運んで現実を見て欲しいと思いました。ただし、住民感情にはくれぐれも注意してください。

| 純米ばか店主 | - | 12:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 【田舎豪傑的清酒】またまたカプロン酸エチル高濃度清酒について語ろうか【プンプンでゴザリスデゴザリス】
    純米ばか店主 (02/27)
  • 【ためして】「酒かす」だったらなんだっていいわけじゃないですよ【ガッテソ】
    パクパク (06/20)
  • 【田舎豪傑的清酒】またまたカプロン酸エチル高濃度清酒について語ろうか【プンプンでゴザリスデゴザリス】
    maru (06/20)
  • 【速醸もとの開発者】江田鎌次郎???【江田鎌治郎が正解です】
    yoko shibue (10/25)
  • 【速醸もとの開発者】江田鎌次郎???【江田鎌治郎が正解です】
    純米ばか店主 (10/17)
  • 【速醸もとの開発者】江田鎌次郎???【江田鎌治郎が正解です】
    しぶえようこ (10/14)
  • 【巖 純米酒 醇 生原酒】〜hommerge601 畏友 熊谷太郎氏に捧ぐ〜【醇味】
    純米ばか店主 (05/10)
  • 【巖 純米酒 醇 生原酒】〜hommerge601 畏友 熊谷太郎氏に捧ぐ〜【醇味】
    タンタンさん (04/28)
  • 【正酒屋 六根浄】明日、3月11日「純米酒 六根浄 うすにごり」を販売開始いたします!
    純米ばか店主 (04/06)
  • 【正酒屋 六根浄】明日、3月11日「純米酒 六根浄 うすにごり」を販売開始いたします!
    東海林 (03/21)
RECENT TRACKBACK
LINKS
このページの先頭へ